Menu

【すぐ分かる】運転資金の融資を受けるために必要な書類を解説

0 Comment

個人事業主・法人にとって運転資金は安定した経営を行うために非常に重要です。融資を受けるためには書類の提出が必須であり、借入先や金額によっても異なりますが中には準備に期間を要する書類も存在します。ここでは運転資金の融資を受けるために必要な書類をご紹介しています。これから運転資金の融資を検討している方は、是非ともチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

運転資金の融資を受けるために必要な書類はコレ!代表的な書類を知っておこう

運転資金に限らず、事業性資金の融資を受けるためには書類の提出が不可欠です。必ず必要となるものとしては本人確認書類がありますが、それ以外でも事前に知っておいた方が良い書類は多くあります。ここでは、運転資金の融資を受けるために必要である代表的な書類をピックアップしてご紹介します。借り入れる金融機関のホームページや案内で確認する事も重要ですが、まずはどのような書類が必要となるのか事前に確認しておきましょう。

・決算書/確定申告書

本人確認書類とともに、銀行や消費者金融、その他どのような事業者でも必要となるのが決算書や確定申告書です。法人であれば2期~3期分の決算書、個人事業主であれば基本的に1年~2年分の確定申告書類を提出します。正確には決算書は財務諸表の事であり、貸借対照表や損益計算書が含まれています。企業の資金の流れや事業の収益性などを詳細に分析する事が出来るこの書類を用いて、銀行などは運転資金の融資判断をしているのです。

・登記事項証明書(商業登記簿謄本)

法人が運転資金の融資を受ける際、登記事項証明書が必要となる事があります。企業の重要な事項を法務局の登記簿に登録し、公開する制度の事を商業登記と言います。登記事項証明書は全部事項証明書と一部事項証明書の2種類があり、それぞれ「謄本」「妙本」に分けられているのが特徴です。運転資金以外でも銀行などと初めての取引を行う際、この登記事項証明書は必ず必要となりますので覚えておいて損は無いものです。管轄の法務局は、下記の法務局のホームページから確認しておくと良いでしょう。個人事業主で登記事項証明書が必要となる事は多くありませんが、代わりに印鑑証明書の提出を求められる事があります。印鑑証明書は印鑑登録を行った自治体で発行する事が出来ますので事前に確認しておきましょう。

「法務局 管轄のご案内」 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/kankatsu_index.html

 

・事業計画書/経営計画書

今後どのように事業を展開していくかを示した書類が事業計画書や経営計画書です。今後の事業展開を融資担当者に分かりやすく伝える事が目的ですが、これまでの実績や経営状況なども書類にまとめる必要性があるため必然的に情報量は多くなります。事業計画書には多くの書式が存在します。数字だけ・図や写真を取り入れたものなどその種類は豊富です。基本的には借入先の金融機関の要件に従いますが、下記の日本政策金融公庫が公開しているテンプレートなどを参考にしても良いかもしれません。法人と比べると多くはありませんが、個人事業主でも事業計画書や経営計画書が必要となる事があります。また、仮に創業時の運転資金の融資だった場合は事業計画書・経営計画書に代わり創業計画書が必要となりますので覚えておきましょう。

 

「日本政策金融公庫 借入申込書等ダウンロード」https://www.jfc.go.jp/n/service/dl_kokumin.html

 

・資金繰り表/資金繰り計画表

その名の通り、資金繰り表は「今後資金をどのようにして運用していくか」を計画した書類の事です。資金繰り表は上記でご紹介した事業計画書や経営計画書とセットで提出する事もあります。事業計画書や経営計画書と並んで、資金繰り表は非常に重要度の高い書類です。融資側、特に銀行から見れば資金繰りが赤字になる=返済が滞る事に繋がりますので関心が高いものです。資金繰り表は月次推移試算表/現金出納帳/手形帳/借入金返済明細などの書類データを元に作成しましょう。売上や仕入れが含まれる営業キャッシュフロー/有価証券の購入や売却を含む投資キャッシュフロー/借入や返済を含む財務キャッシュフローの3つに区分を分け、これまでの資金繰りの結果を示す「資金繰り実績表」とその結果を元にした「資金繰り予定表」を作成します。

 

・会社の案内書やホームページ、概要など

初めて運転資金の融資を受ける際には、自社がどのような企業なのか知ってもらう事が重要です。これは銀行に限らず、どのような融資先でもあったほうがよいと言えます。特に個人事業主はこれらを作っていない方が多いものですが、スムーズに融資を受けるためには作っておいた方が無難です。例えば、一言で「製造業」と言っても食品や機械など様々な業種が存在しています。書類や口頭で説明する事も可能ですが、事前に企業の概要をまとめた案内書やホームページを作成しておく事でこの手間を減らす事にも繋がるでしょう。案内書やホームページと言っても、何も高額な費用をかける事はありません。最近では無料のホームページ作成サイトも数多くありますし、案内書であれば簡素なデザインソフトを使用して自宅のプリンタで作成する事も可能でしょう。まだ案内書やホームページを作成していないという方は、この機会に是非とも検討してみてはいかがでしょうか。

 

運転資金を取り扱っている金融機関、個人事業主or法人で必要書類が異なる

運転資金は銀行や金融事業者で融資を受ける事ができます。また、信用金庫や日本政策金融公庫でも借り入れる事が出来るため、融資先は比較的簡単に見つける事が可能でしょう。単純に運転資金や設備資金という商品名ではなく「事業性資金」や「ビジネスローン」として取り扱われている事が多いのが特徴です。冒頭でもご紹介した通り原則として本人確認書類の提出は必須ですが、その他の書類は各金融機関と事業者、個人事業主or法人でも違いが見られます。ここでは上記でチェックした必要書類を合わせて、個人事業主or法人での必要書類の違いを見てみましょう。

・法人が提出する書類

事業規模や借り入れる金額が大きい事にも比例して、運転資金の融資を受けるために法人が提出する書類は非常に多くあります。上記でご説明したものとしては、「事業計画書/経営計画書」「登記事項証明書(商業登記簿謄本)」「資金繰り表/資金繰り計画表」などがあります。それ以外でも、資金繰り表の一部に含まれる「資金使途資料」や今後の予想貸借対照表の提出を求められる事があるでしょう。また、特に銀行からの借入が複数ある場合などは取引先と金額を一覧にまとめた「銀行取引明細書」も必要となります。

・個人事業主が提出する書類

個人事業主が提出する書類は法人と比べると多くはありません。消費者金融や専門の事業者では上記でご紹介した「事業計画書/経営計画書」などが必要となる事は稀であり、基本的には本人確認書類と確定申告書で申し込みが完了します。しかし、銀行や日本政策金融公庫などで申し込みを行う際は審査が厳しくなるため、当然必要となる書類の数も増える事となります。融資までのスピードを重視するか金利や信用度を高めるか、今後の目的によって融資先を変えるのも一つの手だと言えるでしょう。

 

事前に運転資金融資までの期間を確認しておこう

経営を行っていくために必要不可欠である運転資金。不足すると今後の経営や事業が成り立たなくなる事もあり、融資の検討も早めに行っておく必要性があります。基本的な流れは申し込み→仮審査→書類提出→本審査→融資となりますが、借り入れ先によって融資までの日数は異なります。借入先事業者のホームページなどで融資までの日数の確認を行うとともに、必要な運転資金の算出を怠らないようにしましょう。

【まとめ】運転資金の融資を受けるためには書類提出が必須

いかがだったでしょうか。
借入先によっても異なりますが、運転資金の融資を受けるために必要な書類は多いものです。準備に時間のかかる書類も多い事から、事前に知っておく事はとても重要だと言えるでしょう。今回の記事を参考に、スムーズに運転資金の融資を受けられるように準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です