Menu

【最短5分?】ファクタリングで資金調達!おすすめの売掛金仮査定で調達の可否を判断しよう

0 Comment

中小企業の新たな資金調達手段として、国内でも注目を集めているファクタリング。売掛債権をスピーディに現金化できる事が最大の特徴となりますが、ファクタリングを検討している方の中には本当に資金調達できるのか・査定の可否が気になっている方も多いのではないでしょうか。そんな方達のために、ここではファクタリングの可否を事前に知る事が出来る売掛金仮査定についてご紹介しています。

ファクタリングの基礎知識

冒頭でも少し触れましたが、ファクタリングは企業が保有する売掛債権を使用した資金調達法の一つです。国内では1970年代から導入されはじめ、近年では旧来の手形割引に変わる新たなサービスとして注目を集めています。専門の事業者が取り扱っているイメージが強いのですが、大手・地方に限らず近年では銀行も積極的にファクタリングサービスに参入して来ています。売掛債権を元にするため高額で無ければ取引してもらえないのではと不安に思う方もいるのではないでしょうか。しかし、事業者によっては30万円からの取引実績も持っており、利用の敷居は比較的低いものとなっています。

「三菱UFJファクター株式会社」 http://www.muf.bk.mufg.jp/settle/saiken01.html

 

・2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

大きく分けて、ファクタリングには2社間・3社間という2つの取引形態があります。2社間ファクタリングの場合、取引は売掛債権を保有している債権者とファクタリング事業者だけで行われます。債務者(取引先)には通知が行われず、査定スピードも速いですが手数料は高めとなる傾向が見られます。一方、3社間ファクタリングの場合は債務者(取引先)の承諾を得る必要性があり、査定にかかる時間も2社間ファクタリングと比べて長くなる傾向があります。2社間ファクタリング・3社間ファクタリングはそれぞれメリットとデメリットがありますので、融資までの時間・手数料などを考慮して決める必要性があると言えるでしょう。

 

・ファクタリングに向いているのは?

これまで銀行などからの融資が難しいと感じていた方は、ファクタリングを利用して資金調達を行う事で資金繰りの改善が期待できるのではないでしょうか。売掛債権が多すぎると財務上あまり良い状況とは言えませんから、財務を圧縮する意味でも高い効果が期待できます。また、業種別で見てもファクタリングに向いている企業は存在しています。例えば、介護業界であればファクタリングを利用する事で介護保険給付金を入金前に受け取る事が出来るでしょう。大口の案件が多い建設業界や比較的長い納期を設定しているIT業界などでも、入金前に資金調達が出来るという点で有用です。これら資金が回るスピードが遅い業界では、ファクタリングの利用は大変適していると言えるでしょう。

 

ファクタリングの売掛金仮査定とは?

実際にファクタリングを利用する流れは「仮査定→書類等を用意→申し込み→査定の可否」となるのが一般的です。実はファクタリング事業者の多くは本審査の前に仮査定を設けている事が多く、比較的早い段階で審査の可否を判断する事が出来るのです。売掛金仮査定の申し込みは簡単で、個人情報とともに「買取希望金額」「翌月売掛金額」などをメール・または電話などで伝えるだけとなります。この段階で申し込み可と判断されても断る事は可能ですので、比較的気軽に申し込めるのがメリットと言えるでしょう。また、ファクタリング事業者と利用者の仲介をする会社も存在しており、そのようなサイトでもファクタリングの利用可否を判断する事が出来ます。ただし、こちらはあくまで仲介サイトであり情報を送信した後に複数の会社からメールや電話で連絡が来るのが特徴です。バイクの一括査定・保険の一括診断などを連想すると分かりやすいのではないでしょうか。

 

・売掛金仮査定を活用するには?

書類等の準備も必要なく、すぐに行えるのが売掛金仮査定のメリットです。手数料等もありませんから、ファクタリングの利用を検討しているならとりあえず売掛金仮査定に申し込むのが良いでしょう。もちろん、複数の売掛金仮査定を同時に行っておくのも可能です。しかし、売掛金仮査定を申し込んだ後「査定可」と判断された場合、ファクタリング事業者からメールや電話で連絡が来る可能性があります。メールなら問題はありませんが、仮に電話で連絡が来た場合は念のため断る理由を考えておく必要があるでしょう。あくまで、売掛金仮査定はファクタリングの利用を前提としたサービスであるという事を理解しておきましょう。

【おすすめ】売掛金査定が行える事業者は?

ここからは実際にファクタリングの売掛金仮査定が行える会社をご紹介します。基本的にはどのファクタリング事業者でも仮審査を設けていますが、ここではより手軽に利用できるものをピックアップしています。売掛金仮査定を検討中の方は、是非ともチェックしてみるのがおススメです。

 

・株式会社ビートレーディング

売掛債権の買い取りや診療報酬債権など、ファクタリング事業に特化した会社である株式会社ビートレーディング。業歴や実績などはファクタリング事業者の中でもトップクラスであり、認知度も高い会社です。買取希望金額を見ても分かる通り、売掛債権の最低額は100万円からとなっています。しかし、法人・個人事業主問わず利用できる事を考えると利用の敷居は比較的低いのではないでしょうか。売掛金仮査定はトップページの「スピード審査はこちら」から申し込みましょう。

「株式会社ビートレーディング」 https://betrading.jp/

 

・MAXリスタート

東京に本社を置くMAXリスタートのファクタリングは、最高額5,000万円の高額査定が特徴です。また、最短15分で仮査定を終え、査定も即日で終わる事など多くのメリットを持っています。これほどの査定額を提示しているファクタリング事業者は少ないため、高額な資金調達を検討しているなら売掛金仮査定を申し込んで間違いはないでしょう。売掛金仮審査はトップページの「スピード査定はこちら」からも申し込めます。

「MAXリスタート」 https://max-restart.co.jp/lp/index.html

 

・株式会社三共サービス

株式会社三共サービスは2001年に設立された会社であり、ファクタリングの他にコンサルティング事業などを行っています。元銀行員・ノンバンク社員などを積極的に採用しており、経験豊富なスタッフが多く在籍しているのが特徴です。最短2日の資金調達となっていますので、査定のスピードは決して速いとは言えません。しかし、手数料が業界最安の1.5%~である事、ホームページ上で手数料のシミュレーションが出来る事など満足度の高いサービスを提供しているのが特徴です。ホームページ上の「かんたん査定」から売掛金仮査定を行いましょう。

「株式会社三共サービス」 http://sankyo-fs.jp/?id=fact_price

 

・三菱東京UFJファクター

三菱UFJフィナンシャル・グループで運営されている銀行系のファクタリング業者、三菱東京UFJファクター。大手メガバンク系列という事で非常に厳格な審査が行われますが、非常に高額な融資が魅力となっています。一般的なファクタリング事業者に比べると敷居は高いのですが、既に三菱東京UFJ銀行と取引がある場合などは柔軟に審査が行われるはずです。売掛金の仮査定を希望する場合「買取ファクタリング→お問い合わせ」から申し込みましょう。

「三菱東京UFJファクター」 http://www.muf.bk.mufg.jp/settle/index.html

 

【まとめ】ファクタリングを利用するなら、まず売掛金仮査定を

いかがだったでしょうか。
基本的に、どのファクタリング事業者でも売掛金の仮査定は利用する事が出来ます。保有している売掛債権が実際に現金化できるか悩む前に、まずは売掛金仮査定を利用してみてはいかがでしょうか。売掛債権の信用力に問題が無ければ必ず資金調達を行えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です