Menu

個人事業主でも利用OK!個人事業主が注目するべきファクタリングについて

0 Comment

法人と個人事業主の資金調達は微妙に異なります。一般論として法人と比較すると個人事業主は事業規模が小さかったり、ワンマンで経営について税理士などの第三者のチェックが行われていなかったりする事が多いので、銀行の融資審査などでは不利になりがちです。そのような個人事業主が注目するべき資金調達手法がファクタリングです。本記事では個人事業主でも利用OKのファクタリングについて説明します。

【なぜ個人事業主のファクタリングが有効なのか】

なぜ、個人事業にファクタリングが有効なのでしょうか。銀行融資やビジネスローンなどは個人や企業の信用を審査します。つまり、その事業体がどの位の売上規模で、どの位きちんと経営されていて、どのような資産を持っていて、どの位返済能力がありそうかという事が審査されるのです。

このような審査手法では、個人事業主は法人と比較して著しく不利になります。個人事業主なので、経営に関わる人間や外部機関が少ないので経営体として信用されにくいですし、事業規模も小さい事が多いので返済能力には不安があると思われがちです。よって、銀行から融資を受ければ事業拡大ができるのに実現できないという個人事業主も多いのではないでしょうか。

このように利用する企業の信用力を重視する融資と比較して、ファクタリングでは債権の内容が審査において重要になります。つまり、売却しようとしている債権について、どの位利用者と取引先は継続的な取引があるのか、どの位の額面でいつ支払われる債権なのか、取引先の事業規模はどの位か、取引先の信用情報に問題は無いのかというように、債権と取引先が審査において重要になります。

つまり、銀行の融資と比較すると、信用や事業規模の面で不利な個人事業主でも、取引先の信用力次第でファクタリングによる資金調達が可能なのです。

ちなみに、融資とは違いお金を借りているわけではないという点には注意してください。ファクタリングは債権を売却してキャッシュインを早める資金調達です。

例えば、3か月先に入ってくる500万円をファクタリングすると、先に500万円から手数料を差し引いた金額がキャッシュインしますが、3か月後の500万円は債権を売却しているので手に入りません。このためにファクタリングを利用して設備資金を調達するという事はできません。

設備資金のような大きな資金は銀行の融資を使った方が良いでしょう。ファクタリングはあくまでも運転資金を円滑に回すための資金調達だと考えた方が良いでしょう。

 

【ファクタリングは総量規制の対象にもならない】

 

ちなみに、個人事業主の借り入れでよく問題となるのが総量規制の対象になるのかという事です。総量規制とは法律による借り入れの規制の1つです。この総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れを行う事はできません。個人事業主が事業資金を借りる場合は総量規制の対象外となりますが、個人の借り入れなのか、事業の借り入れなのかを区別するために事業・収支・資金計画を提出して貸金業者の審査を受ける必要があります。

事業資金ならば総量規制の枠を超えて融資を受けられる可能性はありますが、借りられるかどうかは貸金業者の判断によります。このような規制があるために貸金業者が事業資金を融資する際に、事業や返済計画の内容を厳しくチェックしたり、融資を躊躇したりしてしまう面もあります。

このような個人の事業資金の借り入れと比較すると、ファクタリングは債権の売却なので、総量規制とまったく関係ありません。年収の3分の1に関係なく資金調達を行えます。よって、ファクタリングによる資金調達は総量規制に関係なく大きな資金を調達する事が可能です。

 

【ファクタリングの利用を断られた場合の対策】

ファクタリングは上でも説明したとおり個人事業主でも利用しやすい資金調達手法です。一部のファクタリング会社は個人事業主を相手にしたファクタリングを行っていませんが、多くの会社は個人事業主も利用できるファクタリングサービスを提供しています。しかし、法人と比較すると信用力などが劣るために、個人事業主OKのファクタリング会社に申し込んでも審査結果で断られるケースというのも少なくありません。ここではファクタリングの利用を断られた場合の対策について説明します。

 

<2社間ファクタリングではなく3社間ファクタリングを利用する>

まず、特に個人事業主の場合は事業体としての信用力が問題となります。2社間ファクタリングの場合、利用者がファクタリング会社に代わって取引先から債権を回収するので、回収した債権を勝手に運転資金として使われないか、そもそもこの債権自体が有効なものではないのではないかという事をファクタリング会社は心配します。

このように会社の信用力を審査されると個人事業主はどうしても不利になってしまうので、2社間ファクタリングではなく、利用者の信用力が重視されない3社間ファクタリングを利用した方が良いでしょう。

<取引先ときちんと契約書を交わす>

事業規模が小さいと取引先ときちんと契約書や発注書を交わしていないというケースもあるかもしれません。しかし、契約書や発注書などが無いとファクタリングを利用する事ができません。ファクタリング会社として、契約に関する書類がなければ債権の存在を確認する事ができないからです。ファクタリングを行う場合は、契約書や発注書、納品書などきちんと債権の存在を証明するために必要な書類を残すようにしましょう。

<税理士など専門家の紹介を受ける>

個人事業主としての信用力が足りない場合、税理士などの専門家から紹介を受ける事によって、ファクタリングが利用できる場合があります。資金調達のために協力してくれそうな専門家が取引先にないかを確認してみてください。

<面接対策をきちんと行う>

もしかすると個人事業主だからというのではなく面接の態度に問題があったのかもしれません。面接の時の態度があまり良くなかったり、書類に不備があったりするとどうしても印象が悪くなってしまい、ファクタリング会社もファクタリングを断る場合があります。銀行に融資の面接に行くのと同様にきちんと準備をして面接に臨んだ方が良いでしょう。

<債権の条件が良くない>

債権の金額が充分でなかったり、期間が長かったり、取引先に信用力が無くてファクタリングを利用できないという場合もあります。このような場合については他に利用できそうなファクタリング会社が無いかを探した方が良いでしょう。ちなみに、このような場合については自社の努力だけでファクタリングを利用できるようになるのは困難なので、銀行融資やカードローンなど他の資金調達手法を考えた方が良いでしょう。

 

【最後に】

以上のように個人事業主でも利用OKのファクタリングサービスについて説明しました。ファクタリングの場合は債権の質が問題となるので信用力で劣りがちな個人事業主でも利用しやすい資金調達手法です。

ただし、何も考えずにファクタリングを利用する事には問題あります。ファクタリングは債権を売却する事によって、未来に入金されるお金を先取りする資金調達手法なので、ファクタリングによって調達した資金を浪費してしまえば、銀行の融資以上に資金繰りに悪影響を与えてしまいます。

ファクタリングを利用する際にはきちんと自社の資金繰りを把握した上で、資金繰りに穴を空けないように計画的に利用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です